> > 男きもの

2017年3月28日

ニッポンの男には着物がよく似合う

着物姿の男性を見ると、実に格好いい。「粋」や「伊達」という言葉は、男きもののためにある言葉だったのか、と思うほどである。
着物になんとなく興味はある、漠然と着物を着てみたいと思っている。とはえい、呉服屋に入るのは勇気がいる。いざ前に踏み出そうとすると、しきたりや着方など難しそうだし、価格も気になるところ。最初はどうやって買えばいいの?そんな悩みを一気に解消するために、THE COVER NIPPONには、じっくり相談できる頼れるスタッフもいてくれる。着物だからと難しく考えず、格好良いニッポン男児の着物道への第一歩を踏み出してみよう。

誂える愉しみ

男性が着物でパーティに出掛けると、とても印象的で受けもよい。男性のきものは、極上のスーツのようなもの。スーツを仕立てるのと同じように、着物を仕立ててみよう。着物がさりげなく体になじみ、個性光る着姿にしてくれる

男のきもの講座

夏の浴衣を着てみたけれど、体系に合わずすぐに崩れてしまい、格好良さも激減。そんな悩みを解決するための着付けやコーディネートの指南まで、ご希望に合わせた男のきものの講座も5月より開設。初めての人も着ている人も着付け力をアップさせ、着れば着るほど着付けがさまになるように。どうせ着るなら格好よい着姿を目指そうではないか。

その他、羽織ってイメージを見てみることもでき、気に入ったものがあれば明日からでもすぐに着物を着て出かけられるリサイクルも魅力。譲り受けた着物を仕立て直す、なんて粋な遊びも楽しもう。
5月にはこだわりの着物まわりを揃えたり、草履を誂えるイベントなども目白押し。
男を上げる「男のきもの」。今年は着物姿で颯爽と街に出掛けてみよう。

はじめての「男のきもの」(初心者講座)    男を上げる「男のきもの」(カスタマイズ講座)

着物の愉しみ

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE