> 会津漆器(福島県)

会津漆器(福島県)Aizu lacquer (Fukushima)

あざやかに武家文化を映し出す”吉祥文様”

およそ400年の歴史を持つ会津漆器、その中にかつて会津藩を支えた武家文化を象徴するものといえる一連の漆器があります。 黒や朱の地塗りの上に、松竹梅に破魔矢・糸車を配した伝統的な図案は、同じ東北地方の秀衡塗と類似点が多い吉祥絵であり、“めでたさ”を表します。江戸時代、この文様をつけた漆器は、祝いの席、祭事、神事、茶会など、武家の道具として使われていました。 このように武家文化華やかりし頃に誕生した会津絵も、戊辰戦争の後には、武家社会の解体とともに明治文明開化の中で、いつしか姿を消してしまったのです。今ここに、甦る会津絵として現代の工人の腕によって、みごとに仕上げられ、いつまでも美しい会津絵が引き継がれています。

  • 会津塗 会津絵 姫重 洗朱塗40,000円+税
  • 会津塗 会津絵 姫重 黒塗40,000円+税
  • 会津塗 会津絵 茶托25,000円+税
  • 会津塗 会津絵 飯椀7,000円+税

THE COVER NIPPON

  • NEWS
    • EVENT
    • WORKSHOP
    • KIMONO
  • PRODUCT
    • 一覧で見る
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 輪島塗(石川)
      • 金属洋食器(新潟)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器
      • 九谷焼(石川)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • <美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 琉球焼(沖縄)
    • 硝子
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 飛騨 木工家具(岐阜)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 杉山製作所(岐阜)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
      • 屏風(東京)
      • 杉山製作所(岐阜)
      • 丹羽ふとん(愛知)
      • 金沢箔(石川)
  • COLUMN
    • 季節のモノがたり
    • うるしごと
    • 和食器の愉しみ
    • 庭と器
    • さんちのおと
    • 壁紙ダウンロード
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
      • JAPANESE
      • ENGLISH
      • CHINESE
    • SHOP GUIDE
      • RETURN POLICY
      • THE COVER NIPPON MEMBERS
      • THE COVER NIPPON MEMBERS 登録
      • CONTACT
JP / EN / CH
CLOSE