> WA・SA・BI

2018年11月30日

『日本的で美しい器。器をとおして心豊かな飲むひとときを』をコンセプトに、ラグジュアリ―ドリンクウエアとしてNYにて先行販売された、有田焼の茶器「WA・SA・BI」が、日本でもお披露目となりました。

日本では、飲むという行為は「飲む」だけにとどまらず、「一服」という思想があり、飲むことをとおしてゆったりとした時間を楽しむ、心豊かな時間を過ごすものでもあります。相手がいれば相手を想いながら、器、飲み物を準備し、一緒に楽しむ。一人ならば自分を見つめる時間にもなる。WA・SA・BIブランドを通してそういった日本人の思想、わびさび、おもてなしの心を伝えていきたい。その思いを込めてブランド名を「WA・SA・BI」、和文にすると「和茶美」として、それぞれの言葉にも意味を込めています。

「和」:日本の食文化や、日本人がもつ「わびさび」思想を提案する。日本らしさ。
「茶」: 飲む時間、リラックスする時間、大切な家族・友人を想う時間の提案。スローライフ。
「美」:「見て美しく使って楽しい器」の提案をする。機能美

関連リンク:http://wa-sa-bi-arita.com/

WA・SA・BI Tea Salon 12月14日(金)・15日(土)

佐賀県・嬉野茶の茶師:松永緑茶園の松永浩二氏にお越しいただき、WA・SA・BI Tea Salonを2日間限定で行います。当日は、松永氏による特別な厳選茶と、それに合わせた伊万里で人気の和スイーツを、WA・SA・BIのうつわでお召し上がりいただきます。お茶作りのこだわりや思いを聞きながら目の前で味わうことができるNYスタイルのお茶会です。WA・SA・BIの器で上質なお茶を楽しんでいただくことで、飲む時間を楽しんでいただきたいというWA・SA・BIの思い、世界観を体感してください。

日時:12月14日(金)・15日(土)
会場:THE COVER NIPPON
ゲスト:松永緑茶園 松永浩二氏

EVENT

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE