> 光を放つカッティング 江戸切子(東京)

2018年8月20日

7月5日は「江戸切子の日」

7月5日は「江戸切子の日」となっているのはご存知ですか。
同記念日は、江戸切子の代表的な文様「魚子」(ななこ)文様から「7(なな)・5(こ)」の語呂合わせで決まったものです。魚子は、魚の卵をモチーフとした金工や織物にも見られる伝統的な和の意匠です。他にも切子の模様は、ガラスに葉、菊、篭目、格子、など繊細な模様が多様にあり、私たちの目を楽しませてくれます。

江戸切子の由来

純国産のカットグラスがはじめて制作されたのは江戸時代末期のこと。江戸大伝馬町にビイドロ問屋を営む加賀屋久兵衛が、南蛮人によって持ち込まれた硝子製品に切子を施したのが始まりといわれています。
更に明治時代になると本格的に生産されるようになり、現代、その技術を受け継ぎ東京で生み出される「江戸切子」は伝統工芸にも認定されています。

切子紋様は組み合わせによって無数に広がり、伝統の古典柄から新しい表現方法を取り入れた斬新なデザインなど、匠の技から生み出される美しいカット模様が魅力です。
藍色や赤色など、表面だけに無色透明なガラスを回転する刃で削って繊細な模様を入れることで独特な輝きが生まれます。美しい模様と色を愛でながら。冷酒やビールをクイッと一杯。熱い夏にいかがでしょうか。

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP PRODUCTS

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE