> > 春燈(しゅんとう) 日本のあかり 陰翳の美

2018年3月9日

季節のモノがたり

春燈(しゅんとう)

啓蟄(けいちつ)、冬ごもりしていた虫が、春の陽気に誘われて、土の中から動き出すころ、花も木々も様々な生きものが目覚めはじめる季節、 一雨ごとにあたたかくなり、春の訪れを感じられます。

古来より日本人は、煌々とした明かりではなく柔らかな明かりに美を感じていました。日本では、蝋燭や脂で灯した裸火をそのまま明かりとして使っていました。室町時代に入ると風よけのために火を和紙で囲うようになり、江戸時代、和紙は灯りに欠かせないものとなり、和紙を通した柔らかい光が人々に好まれたのです。
和紙の魅力に注目した彫刻家のイサムノグチは、「和紙は詩的で、はかなく、羽根のように軽々としている。むき出しの電気は和紙の魔術によって自然の光、太陽となった」と語っています。

日本の伝統的な建築は、影が効果的に作り出されるように設計されており、庇(ひさし)は直射日光を遮り、障子はひかりを間接的にやさしいひかりへと変えました。 そして、 和紙を通した行燈のひかりは、部屋全体に広がる豊かな陰影を生み出しました。

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」では、「美は物体にあるのではなく、物体と物体との造り出す「陰翳」のあや、明暗にあると考える。夜光の珠も暗中に置けば光彩を放つが、白日のもとに曝せば宝石の魅力を失う如く、「陰翳」の作用を離れて美はないと思う。」と書かれています。暗い部屋に暮らしていた私達の祖先は、いつしか陰翳のうちに美を発見し、やがて美の目的に添うように陰翳を利用する。日本人の繊細な感受性とあかりへの美意識が感じられます。

夜はまだ、長くひんやりとした空気をおびています。
​春燈​​。和紙を通してみるあかりは、どんな表情を見せてくれるでしょう。

 

THE COVER NIPPON オンラインショップでこちらの商品がお買い求めいただけます。

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP 季節のモノがたり

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE