> FUKUOKA Kogei Week

2018年2月28日

福岡県の伝統的工芸品の産地と都内のショップを繫げる「FUKUOKA Kogei Week」。期間中、THE COVER NIPPON では、八女福島仏壇の漆塗・金箔部門を担う「漆工房 岩弥」とコラボレーションします。

八女福島仏壇

重厚な漆塗り、華麗な金箔や蒔絵、精巧な宮殿や彫刻、金具細工など、職人の技の粋と贅の極みを施した八女福島仏壇。そのルーツは江戸時代後期にまでさかのぼり、江戸時代末期には九州の仏壇製造の基礎となる技術が確立され、明治時代には産業にまで発展します。その伝統を今なお守り伝えつづける「筑後の誇り」、それが八女福島仏壇です。
八女福島仏壇を一本つくるのにどのくらいの工程がかかるかご存知でしょうか。
答えは、約80工程にもなります。八女福島仏壇は仕上げ部門、木地部門、宮殿部門、金具部門、彫刻部門、蒔絵部門の全 6 部門からなり、現在も分業体制で生産されています。

「漆工房 岩弥」は、八女福島仏壇の漆塗箔押部門をはじめ、寺院仏具内陣漆塗修復工事や、無形文化遺産となった唐津くんちで巡行される巨大な曳山の総塗替えや修復なども手掛けています。THE COVER NIPPONには、歴史と伝統に培われた技術をより身近に感じられる、漆のアクセサリーや小物が届きます。伝統を守りつつ、新しい領域へ挑戦する「漆工芸 岩弥」の商品を是非ご覧ください。

関連リンク

FUKUOKA Kogei Week

EVENT

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE