> > 京都西陣帯講座「高山工房」

2014年8月29日

京都西陣の『高山工房』より、金箔や銀箔を圧した和紙を、反物の横糸に丹念に織り込んでいく『引き箔』の技をご披露いただきます。
この引き箔を用いてつくられた反物は、実は柄付けに天然素材そのままを使用しており、アワビの貝殻の内側から採れる虹色の螺鈿(らでん)に切り絵を施したものや、自然の草木の押し花をそのまま柄にしてしまうというから不思議です。 現在、この押し花を使った反物をつくれるのは、日本でも高山工房一ヵ所だけですので、とても貴重な実演です。

20140829_022

方法は、まず和紙に金箔や銀箔を圧し、その上からさらに押し花をのせていきます。反物に折り込んだときに色落ちなどしないよう、半年間寝かせたあとの良質のものだけを使用し、織り込んだときに毛羽立ち、欠けないよう、押し花の上からさらに薄い和紙を圧します。 そして、その押し花を圧した箔和紙を細い糸状に切断し、横糸と交互に織り込んでいくことで、本物の押し花が反物の絵柄として再現されていくのです。
是非この機会に足をお運びいただき、その美しさを堪能してくださればと思います。
※美濃和紙を使用した帯や、角度によって絵柄の変わる帯など、興味深いものが揃います。

着物の愉しみ

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE