> > 迎え梅雨 梅子黄(うめのみきばむ)

2018年6月17日

季節のモノがたり

しとしとと降る雨の恵みの季節、「梅雨」の訪れとともに、梅の実が熟して黄色く色付きます。6月は、梅雨の時期でもあると同時に、「梅仕事」の時期。その年に収穫した梅の実を使って、梅酒や梅干しなどを作ることを言います。このような「梅の時期に降る雨」ということで、「梅雨」になったとされています。また、梅雨入りのことを「栗花落(つゆり)」とも言います。梅雨の季節に咲く花に、栗の花があります。栗の花が咲き散ることから、「つゆり」(梅雨入り)とあてたそうです。言葉の由来を見ていくと、日本の季節や暮らしから、日本人の繊細な美意識が感じられます。

そんな雨の日を少しでも気分よく過ごせるよう、日本の伝統的な生地や技法を用い、熟練職人のじっくりとした丁寧な手仕事が感じられる日本製の傘をご紹介します。機能性と美しさを兼ね備えた逸品は、愛着の一本となることでしょう。

紫陽花や杜若咲く季節、お気に入りの傘を片手に、お散歩に出掛けてみませんか。

今回ご紹介した傘はTHE COVER NIPPON オンラインショップからもご覧いただけます。

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP 季節のモノがたり

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE