> 燕鎚起銅器(新潟)

2018年5月25日

古き伝統を受け継ぎ、磨きあげられた確かな技術を駆使して作り上げられた 「燕鎚起銅器(つばめついきどうき)」。
工芸品ともいえる入念な手作業によって打ち込まれた槌目の美しさ、素朴な銅のやさしいぬくもりが、ひとつひとつ違った表情を見せてくれ、手造りならではの暖かさを伝えてくれる。

人類が初めて手にした金属は、「銅」と言われている。
江戸時代後期、仙台の渡り職人によって伝えられ、新潟県燕市で発展した燕鎚起銅器は、今や世界に名を馳せる“燕ブランド”の礎を築いた技術でありながら、非常に多くの工程を経て作られ、繊細な手作業となるため、熟練を要し、その伝統を継承し、一級のプロダクトを生み出せる職人は、今や日本でも数えるほどしかいない。

鎚起とは、金・銀・銅・錫といった金属の板を、大小の鎚(つち)やタガネで打ち延ばしたり、打ち縮めたり、焼いたり、叩いたりしながら成形し、最後に装飾や色をつけて、ひとつのうつわへと仕上げてゆくもの。銅器の表面は、金槌で叩いた面を広めに残した大槌目や、細かい金槌で文様を付け、着色も美しく、銅本来の色を生かした物から、錫を焼き付けた物など多彩、美しい模様は見ていても飽きが来ない。

そして何よりも、鎚起銅器の最大の魅力は「経年変化」だろう。
使い込むほどに色が渋く変化し、独特の色ずれと光沢が生まれ、味わい深い表情となる。使い手とともに過ごした時間の分だけ、風合いが増していく。通の酒飲みにファンが多いのは、この無骨かつ美しい姿、本物志向の男の心をとらえて離さない。

そんな心の豊かさをもたらしてくれる逸品を、ぜひ堪能してほしい。

Products

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP PRODUCTS

MENU

  • TOP PAGE
  • ABOUT US
    • CONCEPT
    • SHOP INFO
    • ACCESS
  • PRODUCT
      • 江戸からかみ(東京)
      • 美濃和紙(岐阜)
    • 漆器
      • 会津漆器(福島)
      • 金沢漆器(石川)
      • 山中漆器(石川)
      • 高岡螺鈿細工(富山)
      • 越前漆器(福井)
      • 飛騨春慶塗(岐阜)
    • 陶磁器・硝子
      • 九谷焼(石川)
      • sghr(千葉)
      • 江戸切子(東京)
      • 江戸硝子(東京)
      • 會田雄亮<練込>(山梨)
      • 常滑焼(愛知)
      • 美濃焼(岐阜)
      • 有田焼(佐賀)
      • 波佐見焼(長崎)
      • 三川内焼(長崎)
      • 薩摩切子(鹿児島)
      • 琉球焼(沖縄)
      • 琉球硝子(沖縄)
    • 木・竹工
      • 大館曲げわっぱ(秋田)
      • 樺細工(秋田)
      • 箱根寄木細工(神奈川)
      • 駿河竹千筋細工(静岡)
      • 大川組子(福岡)
    • 金工
      • 南部鉄器(岩手)
      • 山形鋳物(山形)
      • 東京銀器(東京)
      • 燕鎚起銅器(新潟)
      • うるしカトラリー(新潟)
      • 高岡銅器(富山)
      • 大阪浪華錫器(大阪)
      • 堺刃物(大阪)
      • 薩摩彫金(鹿児島)
    • 染織
      • 結城紬(茨城)
      • 久留米絣(福岡)
      • テーブルマット・コースター
      • 風呂敷・袱紗
    • 服飾雑貨
      • 横浜スカーフ(神奈川)
      • kawa-kawa(大阪)
      • theta slipper(岐阜)
      • 鞄・財布
      • 紳士小物
      • 扇子
      • 袋・ポーチ
      • 洋傘・日傘
      • 帽子
    • 食品
      • 宇治茶(京都)
      • 菓子
      • 調味料
      • 日本茶
    • その他
  • CONTENT
    • Event
    • モノ・こと・暮らし
    • 季節のモノがたり
    • 品々/Products
    • さんちのおと
    • 着物の愉しみ
    • コラム
  • ONLINE SHOP
CLOSE